情報セキュリティ基本方針

株式会社東京ハウスパートナー(以下、「当社」という)は、 情報セキュリティを確保することが重要な経営課題と認識し、業務を通じて収集されたお客様情報ならびに当社が取り扱う情報資産について、適切な安全対策を講じ情報資産の保護を実現することが、 お客様から信頼される企業であり続けるために不可欠と考えます。

当社は、情報セキュリティマネジメントシステムの確立・運用によって、業務上取り扱う各種情報資産の機密性と完全性、可用性を守り、情報漏洩及び改ざん等のセキュリティ事故の発生を防止することを目指します。その目的のために、「東京ハウスパートナーの基本方針~3Sのお約束~」を情報セキュリティの基本指針として定めるものとします。

 

東京ハウスパートナーの基本指針 ~3Sのお約束~

■ しない
・置きっぱなし・やりっぱなしにしない(整理整頓=クリアデスク・クリアスクリーン)
・知らない人・アドレスからのメールは開かない
・インターネット・WEBの私的利用はしない

■ させない
・私物を持ち込ませない(USBやノートPCなど、私物を利用を避ける)
・会社の許可がないソフトはインストールさせない

■ さわらない
・不要な情報にはさわらない
・外部からさわらない
(端末機器からアクセスする場合、情報が漏れやすいため、充分注意する。)

 

平成30年9月20日
株式会社東京ハウスパートナー  細田 伸行 

お電話でのお問い合わせ

03-5468-5511

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ窓口

  • 物件を買いたい
  • 物件を売りたい
  • モバイルサイト
  • isms